オンライン読書会・読書の宴

2018年10月に開設した、自宅から参加できるオンライン読書会「読書の宴」の公式ブログです。トップページ(INDEX)からお読みください。なお、19/10/30現在でカテゴリ分けについての見直し作業を図っております。

トップページ(INDEX)

f:id:stand00:20191028144219j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)と申します。ようこそお越しくださいました。このブログは、「オンライン読書会・読書の宴」について書かれた記事や、実施内容のご報告などをまとめているものです。

▼「オンライン読書会」とは、オンライン会議システムのZoomを使い、距離が離れていて、直接はお会いできないような方々と行う読書会です。現在は月に2回のペースで開催しています。参加の方法や、会の詳細などについては、こちらのTwitterアカウントまでお問い合わせくださいますと幸いです。

▼本ページでは、ブログの構成やカテゴリ分け等について、ご説明させていただきます。19/10/30現在では未だ工事中ではありますが、順次リンクを貼り込むなどして、閲覧の便宜が図れるようにしてまいります。

▼現在このブログには、130件強の記事が載せられています。それらについて、まずメインの4カテゴリに分けたのち、内容の新旧に応じて、サブカテゴリ(記号)を付与していく予定でいます。

 

カテゴリ分け(メイン)

1)インフォメーション

・このブログや読書会についての説明、

・開催スケジュールや、使用テキストについての言及など。

2)アーカイブ

・オンライン読書会の実施報告、

・一か月以上経ってしまったスケジュールについての記事、

・使用したテキストについてのまとめ(開催の前後問わず)等。

3)読書考

・読書についての私見

・他のサービス等で書かせていただいた読書関連のこと、等。

4)ノート

1)から 3)のいずれにも分類し難い内容、私見等。

 

カテゴリ分け(サブ)

1)☆

・点検した結果、変更を必要としないもの。

2)◆

・点検した結果、訂正やアーカイブが必要と判断されたもの。

 

 

メインカテゴリ別のページへのリンクを貼り込んで、閲覧の便を図りたいと思っております。お読みくださり、ありがとうございました(2019/11/01)。

 

 

 

 

【ご案内】ZoomやLINE等の棲み分けについて

f:id:stand00:20191201193156j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。2週間ほど間を空けてしまいました。ちょっと反省しています。

▼前出の記事の通り、LINEのオープンチャットを開設・運営を始めました。幸い、20名さまほどにご登録をいただくことができました。ありがとうございました。ここでは、そのオープンチャットを含めた諸媒体の「使い分け」について考えてみたいと思います。

ブログ

▼今ご覧いただいているブログですが、ここを通じて、

・開催についてのまとまったスケジュール、

・利用テキストのご案内、

・開催報告、

などについてお知らせするようにしています。更新は不定期ですが、私の考えを、最もまとまった形で提示させていただけていると考えています。

Twitter

Twitterでも開催情報、テキスト情報などについてご案内しております。また、「中の人」としての個人的なことのツイートもしております。

▼ただし、最も重要なのは、「今からZoomでオンライン読書会を次のURLで開催しますよ」といった開催告知を配信しているということになります。この開催告知のURLをクリックいただくことで、インストールしていただいている「Zoom」アプリが起動して、読書会にご参加できるようになります。なお、配信はグループDMを通じて行っています。

Zoom

▼オンライン読書会の、いわば「会場」となっているのが、先に書いたURLで行われるZoomということになります。ですので、ご参加を希望される場合には、

・Zoomアプリのインストール、

・参加名義とメルアド、パスワードの設定、

を事前に行っておいてください。開催日時は、ブログ、Twitter等でご案内さしあげていますので、ご参照くださいますと幸いです。

オープンチャット

▼LINEで提供されているサービスを、最近になって利用しはじめました。Zoomは音声ベースのコミュニケーションですが、このオープンチャットでは、文字ベースのコミュニケーションを図っていきたいと考えております。

▼また、開催通知やZoomのURLについても配信させていただこうと考えています。「これをやったら楽しいのではないか」というご意見を、ぜひご提供くださいますよう、お願い申し上げます。

(Discord)

▼もう一つ、Discord(ディスコード)というアプリを試験的に採用しています。このDiscordは招待制となっています。Discordでは、

掲示板機能、

・音声通話機能(個人間でも、複数でも可能)、

・ダイレクトメッセージ機能、

などが提供されていますので、より多面的な展開が望めます。今はほぼ休眠状態ではありますが、ご参加を希望いただける場合は、Twitterやオープンチャット等でお問い合わせください。

 

▼以上が私が採用している「メディア」のご説明となります。日時を決めたZoomでの通話をメインとして行ってきましたが、今後はオープンチャット等を利用したコミュニケーションも図ってまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

▼今回の内容は、以上とさせていただきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

→トップページへ戻る

 

 

 

【ご案内】LINEのオープンチャットを開設しました。

f:id:stand00:20191118020156j:plain

 

line.me

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。このほど、読書会にご参加くださっている方々の日常的なコミュニケーションツールとして、LINEによる「オープンチャット」を開設いたしました。上掲のURLからご参加いただけると思いますので、ご参加をご検討くださいますと幸いです。

▼また、普段開催通知等を配信しているTwitterのグループDMでも開設についての通知を配信する予定でおります。このブログ記事と重複してしまいますが、お許し願えればと思います。

▼いかんせん、苦手なLINEでの開設となりますので、いろいろと不備があるかもしれませんが、ご寛恕くださいますようお願い申し上げます。

▼今回の記事は以上となります。お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る

 

 

【ご案内】12月7日の読書会について

f:id:stand00:20191115100110j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。次回12月7日(土)20時からのオンライン読書会についてご案内申し上げます。

▼この回のテーマは、「2019年のベスト本&MVP」とさせていただきました。

▼「ベスト本」は、今年出版された、または購入した本の中からではなくて、「今年読んだ本」から、1~3冊程度ご紹介をいただきたいと思います。出版年月日はいつであっても構いません。

▼例えば、トップ3をご紹介いただき、その上で「ベスト」をご紹介いただくのもアリかなと思っています。

▼また、紹介いただく対象は、マンガや絵本、参考書や教科書であっていいことにいたしました。

▼一方、「MVP」ですが、これはベスト本の筆者でなくて構いません。お一人お一人にとって、最も活躍が著しいと思われた著作者を選定なさってください。こちらも、文字の本だけでなく、マンガ・絵本等でもOKです。

▼まだ時間の余裕はありますので、ゆっくり選定なさってください。「調整さん」による参加予定人数については、調整さんURLを25日頃にTwitterのDMグループにて配信させていただきます。ご記入くださいますと幸いです。

▼初めての参加をしたいという方は、こちらのTwitterアカウントまでリプライやDMをお送りいただきたいと思います。折返し、私からご連絡させていただきます。ご検討ください。

▼今回のご案内は以上とさせていただきます。お読みいただき、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る

 

 

 

 

 

【スケジュール】2020年3月までの予定について

f:id:stand00:20191106042047j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。今回は、年度末(2020年3月末)までの実施内容の予定をご案内いたします。あくまでも「予定」ですので、変更があり得ることをお含みいただければと存じます。

▼基本的には、

・11月度 → 終了、

・12月度 → 1回開催(12月7日)、

・1~3月度 → 2回開催(調整中)、

の予定でまいりたいと思っています。2回開催の1~3月については、テキスト講読と推し本紹介との2回を実施したいと考えています。

 

 

2019年12月度

「2019年・わたしのベストとMVP」として、最も心に残った著作(MAX3作まで)と、感銘を受けた著者を紹介しあう回としたいと思います。年末でご多忙のことと思われますので、12月7日(土)1回のみの開催といたします。

 

2020年1月度

1)アーサー・C・クラーク幼年期の終わり』 

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

 

2)推し本紹介

 

2020年2月度

1)パウロ・コエーリョアルケミスト』 

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

 

 

2)推し本紹介

 

2020年3月度

1)カズオ・イシグロ『私を離さないで』 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

 

2)推し本紹介

 

▼上記3点の作品は、現段階での「候補作品」です。「この本を読みたい!」というものがありましたら。ぜひご紹介ください。

▼初参加をご検討いただける方は、こちらのTwitterアカウントまで、リプライないしDMにてお問い合わせください。折返しご連絡さしあげます。

▼今回は以上となります。お読みくださいまして、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る

 

 

 

 

 

【読書会レポート】「推し本」紹介の読書会(2019年11月2日)

f:id:stand00:20191105193809j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。

▼今回のエントリーでは、先日11月2日(土)に実施した「推し本」紹介の読書会から、ご紹介くださった本のタイトルを取り上げていきたいと思います。

▼この「推し本」紹介の回では、各参加者が、各々で読んでおもしろかった、人に勧めたい!という本について、1~3冊程度お話しいただいています。この回では7名の方に、計16点を取り上げていただきました。ここでは本のタイトルしかご案内できませんが、何かのご参考になるようでしたら幸いです。

 

▼Aさん:(発表者順)

本調子 強運の持ち主になる読書道

本調子 強運の持ち主になる読書道

 

 

キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語

キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語

 

 

 

京都寺町三条のホームズ (双葉文庫)

京都寺町三条のホームズ (双葉文庫)

 

 

 

▼Bさん: 

 

 

 

 

▼Cさん: 

こころの処方箋 (新潮文庫)

こころの処方箋 (新潮文庫)

 

 

 

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

月光ゲーム―Yの悲劇'88 (創元推理文庫)

 

 

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)

人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)

 

 

▼Dさん: 

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)

 

 

 

本を読めなくなった人のための読書論

本を読めなくなった人のための読書論

 

 

 

▼Eさん: 

 

 

子どもと一生の思い出をつくる 星空キャンプの教科書

子どもと一生の思い出をつくる 星空キャンプの教科書

 

 

 

Fさん: 

世界一おもしろい国旗の本

世界一おもしろい国旗の本

 

 

 

フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)

フラジャイル(1) (アフタヌーンKC)

 

 

 

▼Gさん:

 

Yの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

Yの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

 

オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)

オランダ靴の謎【新版】 (創元推理文庫)

 

 

▼なお次回は予定していた『銀の匙』(中勘助)をスキップして。12月7日(土)20時から、「2019年のマイベストとMVP」として、もっとも心に残った著作と筆者さんをご紹介いただければと思います(マンガ、絵本等でも可)。12月は、皆さんご多忙のことと存じますので、年内はこの7日の回までとしたいと考えています。

▼今回はここまでです。お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る

 

 

 

 

読書会の進め方に関する試案です。

f:id:stand00:20191028180653j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)です。自分としても、どういうわけでだかわからないのですが、「読書会について再考をしなければ」と思いを巡らせていました。少しまとまりそうな感じがいたしますので、現時点での私案を書いておこうと思います。

▼以前のこととなってしまいますが、このオンライン読書会は、次の3つのパターンでほぼ毎週開催をしてきました。つまり、

1)テキストを指定して、講読するパターン。1冊当たりの開催回数はまちまち。

2)読書に関するテーマを設けて、それについて話し合うパターン。例)名刺代わりの1冊。

3)参加者各員に「面白かった本」を1~3冊程度ご紹介いただくパターン。

▼しかしながら、私の都合で月4回の開催が難しくなり、都合 2)のパターンを削って月2回の開催とすることになりました。

▼そうこうしているうちに、私の中に、これからの運営について、些細ながら「違和感」めいたものを感じるようになってしまったのです。しかし私は、これをむしろチャンスとして捉え、より親密で心地よい緊張感も感じられる会として運営できるようになるのではと考えているつもりです。

▼ツイート等で少し書きましたが、このブログを含めて、オンライン読書会全体を「リニューアル」できないか。それが、いま私が考えていることです。ここに書き連ねていることは、その「私案」であり「試案」です。

▼先にあげた 1)から 3)までの実施形態は、一長一短がありました。「テキスト講読」では、興味を持てない本が指定されると参加者が減る、「推薦本紹介」では、そこからの拡がりが見えにくい、といったことがあがると思います。もちろんそれは、私の暴論なのですが・・・。

▼そこで、「折衷案」を考えてみました。

1)テキストではなくて、「ジャンル」「作者」「出版社」等を、テーマとしてゆるく設定する。そこからの自由な「連想」は大歓迎です。

2)そこから、自分がプレゼンしたい著作を1~3冊程度選んでプレゼン。その後に意見交換をする、

というものです。

▼例えば「経済」をテーマにした場合、経済学はもちろんのこと、企業小説やビジネスマン向けの自己啓発本なども含めてよいこととして本を持ち寄ってもらうことにします。または、テーマの選定自体から、各人のおまかせしてしまってもいいかも。

▼この案を含めて、参加者の方々からのご意見をすり合わせる機会を、11月16日(土)20時からの回にあてたいと考えているところです。ご意見・ご参加を乞うものであります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る

 

 

▼なお、テーマの選定には、参加者の皆さんにも加わっていただきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

トップページ(INDEX)

f:id:stand00:20191028144219j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(@stand_00)と申します。ようこそお越しくださいました。このブログは、「オンライン読書会・読書の宴」について書かれた記事や、実施内容のご報告などをまとめているものです。

▼「オンライン読書会」とは、オンライン会議システムのZoomを使い、距離が離れていて、直接はお会いできないような方々と行う読書会です。現在は月に2回のペースで開催しています。参加の方法や、会の詳細などについては、こちらのTwitterアカウントまでお問い合わせくださいますと幸いです。

▼本ページでは、ブログの構成やカテゴリ分け等について、ご説明させていただきます。19/10/30現在では未だ工事中ではありますが、順次リンクを貼り込むなどして、閲覧の便宜が図れるようにしてまいります。

▼現在このブログには、130件強の記事が載せられています。それらについて、まずメインの4カテゴリに分けたのち、内容の新旧に応じて、サブカテゴリ(記号)を付与していく予定でいます。

 

カテゴリ分け(メイン)

1)インフォメーション

・このブログや読書会についての説明、

・開催スケジュールや、使用テキストについての言及など。

2)アーカイブ

・オンライン読書会の実施報告、

・一か月以上経ってしまったスケジュールについての記事、

・使用したテキストについてのまとめ(開催の前後問わず)等。

3)読書考

・読書についての私見

・他のサービス等で書かせていただいた読書関連のこと、等。

4)ノート

1)から 3)のいずれにも分類し難い内容、私見等。

 

カテゴリ分け(サブ)

1)☆

・点検した結果、変更を必要としないもの。

2)◆

・点検した結果、訂正やアーカイブが必要と判断されたもの。

 

 

メインカテゴリ別のページへのリンクを貼り込んで、閲覧の便を図りたいと思っております。お読みくださり、ありがとうございました(2019/11/01)。