オンライン読書会・読書の宴

2018年10月に開設した、自宅から参加できるオンライン読書会「読書の宴」の公式ブログです。トップページ(INDEX)からお読みください。なお、19/10/30現在でカテゴリ分けについての見直し作業を図っております。

読書

【読了】2019年2月度の読書メーターまとめ

▼おはようございます。月が替わりましたので、先月読書メーターに投稿した内容をまとめておきます。 2月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:534ナイス数:92考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書)の感想【1回目】考…

【メモ】100分de名著テキスト『大衆の反逆』(中島岳志)

▼こんばんは。今月2冊めの読了本となった100分de名著テキスト『大衆の反逆』について、読後感を簡単かつ乱暴にまとめておきたいと思います。 オルテガ『大衆の反逆』 2019年2月 (100分 de 名著) 作者: 中島岳志 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2019/…

【読書】最近読んでいる本

▼おはようございます。このエントリーでは、最近読んでいる(ものの、なかなか先に進まない)本について書いてみようと思います。 考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書) 作者: 梶谷真司 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/…

【読了】2019年1月の読書メーターまとめ

1月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:884ナイス数:261別冊NHK100分de名著 読書の学校 池上彰 特別授業 『君たちはどう生きるか』 (教養・文化シリーズ)の感想【1回目】「優等生」の感想をサラサラと読んでしまったかのようで、印象としては「…

【今週の収穫から】池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』

▼昨年末から「今週の収穫」として、読書や音楽鑑賞の中から何件かピックアップしてご紹介するようにしてみた。今回はその2回目である。今回は池上彰特別授業『君たちはどう生きるか』(NHK出版)を取り上げることとしたい。 ▼池上彰特別授業『君たちはどう生…

【まとめ】読書メーター2018年12月分のまとめ

▼この代のブログにしてから初めての読書メーターまとめ。11月が1冊しか読めていなかったことを考えると、回復基調にあったと言えるかもしれない。今回の表示は、日付が新→旧の順になってしまった。 12月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:847ナ…

【今週の収穫から】:若松英輔特別授業『自分の感受性くらい』(~2018/12/30)

▼詩人の茨木のり子さん(1926~2006年)には、「自分の感受性くらい」という有名な詩作がある。以下に全文を記しておく。 「自分の感受性くらい」 ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにはするな みずから水やりを怠っておいて 気難しくなってきたのを 友人…

【読書】駒井稔著『いま、息をしている言葉で。「光文社古典新訳文庫」誕生秘話』(而立書房)

いま、息をしている言葉で。 「光文社古典新訳文庫」誕生秘話 作者: 駒井稔 出版社/メーカー: 而立書房 発売日: 2018/10/15 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る ▼こんにちは、すたんどです。今回は図書館で借りて読んだ本…

【読書メーター】2018年10月度のまとめ

▼おはようございます。11月になりました。今月もよろしくお願いいたします。 ▼10月度の読了分が、読書メーターでまとまりましたので、以下に掲げておきます。先月は出だし好調だったものの、半ば以降失速してしまいました。残念。 10月の読書メーター読んだ…

【読了日記】愛着障害(岡田尊司)光文社新書

▼お立ち寄りいただき、ありがとうございます。このエントリーは1500字強となっています。 ▼とあるTwitterへの投稿を見て、この本をKindleで購入し、ほぼ1日をかけて読了した。 愛着障害を抱えた人は、しばしば親代わりの存在を求める。ずっと年上の異性が恋…

【読中日記】カウンセリングを語る・上下(河合隼雄)

カウンセリングを語る(上) (講談社+α文庫) 作者: 河合隼雄 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1999/10/20 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (13件) を見る ▼河合隼雄さんの『カウンセリングを語る・上』(講談社+α文庫)を読了し…

【読書メーター】9月度読了分のまとめ

10月になりました。9月中に読了した書物について、読書メーターでまとめましたので、以下に掲載します。 9月の読書メーター読んだ本の数:19読んだページ数:4385ナイス数:1108科学者が人間であること (岩波新書)の感想【1回目】かつて(90年代?)よく読ん…

【ノート】今年の読書・暫定トップ5を選んでみる

▼9月も末日となり、第三四半期が終わろうとしています。今年の読書について、少し早いですが振り返りを試みたいと思います。 ▼私はつい2~3年前までは、文芸作品はほとんど読まずにきていました。読むものは、社会科学系や、思想・哲学といった人文系のもの…

【読中日記】日本再興戦略(落合陽一)

日本再興戦略 (NewsPicks Book) 作者: 落合陽一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/01/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る ▼私は複数の書籍を並行して読むことがある。いま読んでいるのは、『楽園のカンヴァス』(原田マハ)、Eテ…

【読中日記】楽園のカンヴァス(ネタバレあり)

原田マハさんの『楽園のカンヴァス』(新潮文庫)をKindleで30%ほどを読んだところで、これを書いている。最終章を含めて全11章のうちの3章まで読み終わった。まだ読みかけではあるが、誰かに「これ、おもしろい!」と伝えたくなったので、「読中日記」とし…

【きのうきょう】『楽園のカンヴァス』を読み始める

このところ、数冊集中して精神疾患に関する本を読んでいたが、今日からは違ったテイストのものを読みたいと思い、3年間Kindleに収めたままだった『楽園のカンヴァス』(原田マハ)を読むことにした。 楽園のカンヴァス (新潮文庫) 作者: 原田マハ 出版社/メ…

【ノート】こころの病に挑んだ知の巨人

こんばんは。 9月2日に、次の1冊を読了したのでそれについて書かせていただく。実は、5月半ばに一度読了を断念していたものではあったが、今回機会を得て残りの3章を読み終えることができたものである。 こころの病に挑んだ知の巨人 (ちくま新書) 作者: 山竹…

【過去記事から】内田樹著『先生はえらい』を読んで(2011/09/20)

こんにちは。 昔のブログを読み返しているのだが、中にはこれは「公開」しておいた方がいいかなと思うものにぶつかることがある。それらを転載してみたいと思う。なお、語尾は「だ・である」体に統一させた。 * * * 先生はえらい (ちくまプリマー新書) 作…

【読書メーター】8月度読了分まとめ

おはようございます。 9月になったので、8月中に読書メーターで読了とした分をまとめておく。今月はコミックを多く読んでいるので、冊数が稼げてしまった。 8月の読書メーター読んだ本の数:19読んだページ数:4260ナイス数:2124NO BOOK NO LIFE -Editor's …

【ノート】100分de名著・for ティーンズ(2018年8月度)

こんにちは。 8月度の「100分de名著」は「for ティーンズ」として、「子どもたち」に読書の楽しさを伝えるという企画でした。オンエアを見終え、テキストもKindle版で読了しましたので、ここではテキストを中心に感想めいたものを書かせていただこうと思いま…

『漫画 君たちはどう生きるか』、あるいは理想を掲げて生きるのは、恥ずかしくないということについて

おはようございます。 昨夜『漫画 君たちはどう生きるか』を読了しました。この作品、宮崎監督の新作アニメのタイトルが「君たちはどう生きるか」と発表されたのと前後して刊行されたように思われたので、ついついバッタもんと思ってしまいましたが、なかな…

【きのう・きょう】ほんとうの法華経(橋爪大三郎・植木雅俊)なう。

▼こんにちは。 ▼一昨日から、ちくま新書の『ほんとうの法華経』(橋爪大三郎・植木雅俊)を読んでいる。 ほんとうの法華経 (ちくま新書) 作者: 橋爪大三郎,植木雅俊 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/10/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (7件…

若松英輔さんの河合隼雄論、単行書が待ち遠しい

こんにちは。 ここ1~2年ほど愛読している若松英輔さんですが、その近著である『常世の花 石牟礼道子』を読み始めました。いま、全体の半分程度を読み終えたところです。 常世の花 石牟礼道子 作者: 若松英輔 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2018/04/20 …

【読書】2018年度上半期のトップ5について

おはようございます。 2018年に私が読んだ本のうちの上半期トップ5を書こうかと思いましたが、「年」で区切った6月末までにしても、「年度」で区切る9月末までにしても、ちょうどひと月半ずつズレているので、いま書くかどうかは悩ましいところです。 しかし…