【更新停止】読書会は、参加するより主催するのが楽しいですよ

読書全般と、自宅から参加できるオンライン読書会についてのブログです。

【テキスト】『読書力』第Ⅰ章:自分をつくる 自己形成としての読書

f:id:stand00:20190219032935j:plain

 

▼おはようございます。今朝は次回(2/23)購読予定の範囲から、節の項目名を抜書きしてみることにします。

▼また、私がみなさんにうかがってみたいと思った点についても併記しておきます。

 

【節の項目名】

1. 複雑さを共存させる幅広い読書

2.ビルドゥング(自己形成としての教養)

3.「一人になる」時間の楽しさを知る

4. 自分と向き合う厳しさとしての読書

5.単独者として門を叩く

6.言葉を知る

7.自分の本棚を持つ喜び

8.繋がりながらずれていく読書

9.本は背表紙が大事

10.本は並べ方が大事

11.図書館はマップ作りの場所

12.経験を確認する

13.辛い経験を乗り越える

14.人間劇場

15.読書自体が体験となる読書

16.伝記の効用

17.ためらう=溜めること

18.「満足できるわからなさ」を味わう

 

【問いかけ】

▼読書で形成、涵養されるような「人格」とは、どのようなものと想定されているか?

▼この章を読む前と読んだ後では、自分の中で何か変わったか?

▼(以下、随時付け足していく予定です)

 

▼このように、内容の読み取りには「問い」を投げかけることも有効だろうと考えたので、今回は【問いかけ】としてまず2題設定してみました。これが功を奏するようでしたら、テキスト購読の際には設問、問いかけを出していただき、それについて話し合うという形式をとってみたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

▼今回は以上とさせていただきます。お読みくださり、ありがとうございました。