【更新停止】読書会は、参加するより主催するのが楽しいですよ

読書全般と、自宅から参加できるオンライン読書会についてのブログです。

【読書会レポート】4月27日(土)に、テーマトークの回を開催いたしました。

f:id:stand00:20190428063219j:plain

 

▼こんにちは。すたんど です。よろしくお願いいたします。今回は、昨日(4/27)開催されました「オンライン読書会・読書の宴」についてご報告させていただきます。この回はテーマトークの回として実施されました。

▼今回の参加者は、計7名様でした。二次会にも3名様にご参加いただきました。

▼実のところ、事前に参加の可否を募っている「調整さん」へのご記入では、発言いただける人数が少ないのかなと思っていたのですが、その予測に反して盛会となりました。ここで改めて感謝申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 

▼今回設定したテーマは、次の2つです。

1)◯◯に贈りたいこの1冊

2)もう一度読みたいあの1冊

1)については5名、2)については4名の方に発表いただきました。以下にご紹介いたします。

◯◯に贈りたいこの1冊

▼◯◯には、思い思いの「相手」を想定していただきました。これは、4/23の「サン・ジョルディの日」にちなんだものとして企画いたしました。

1)過去の自分(中高生の自分)に贈りたい、駒井仁南子『星空がもっと好きになる』

 

 

2)スッキリしたい方に贈りたい、朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』

 

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

世にも奇妙な君物語 (講談社文庫)

 

 

3)芸術家志望の人に贈りたい、高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』

 

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

 

 

4)GWに旅をしたい人に贈りたい、筒井康隆『旅のラゴス

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 

 

5)困難を生きる全ての人に贈りたい、岩崎航『点滴ポール 生き抜くという旗印』

 

点滴ポール 生き抜くという旗印

点滴ポール 生き抜くという旗印

 

もう一度読みたいあの1冊

1)ディケンズ『荒涼館』『大いなる遺産』『ピックウィッククラブ』

 

荒涼館〈1〉 (ちくま文庫)

荒涼館〈1〉 (ちくま文庫)

 

 

2)石原加受子『仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったときに読む本』

 

  

3)村上陽一郎『新しい科学論』

 

新しい科学論―「事実」は理論をたおせるか (ブルーバックス)

新しい科学論―「事実」は理論をたおせるか (ブルーバックス)

 

 

4)ホフマン『放浪の天才数学者エルデシュ

 

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

文庫 放浪の天才数学者エルデシュ (草思社文庫)

 

 

▼1)、2)とも、それぞれのバックグラウンドの違いが浮き彫りとなった、とても興味深い報告として聞けたと思っています。発表してくださった方々には、改めて御礼申し上げます。

 

▼今回は以上とさせていただきます。次回は5/11(土)、コミック限定の推し本紹介の回として実施いたします。ご参加についてのお問い合わせは、こちらのTwitterアカウントまで、リプライないしDMにてお寄せください。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る