【更新停止】読書会は、参加するより主催するのが楽しいですよ

読書全般と、自宅から参加できるオンライン読書会についてのブログです。

【スケジュール】2020年1~2月度(第47~50回)の予定について

f:id:stand00:20200102021740j:plain

 

▼こんにちは、すたんど(stand_00)です。本年もよろしくお願い申し上げます。今回は、2020年1月から2月にかけてのオンライン読書会開催予定について書いてみます。概略は、以下の通りです。


・1月11日(土)20時~ 推し本紹介の回
・1月25日(土)20時~ 『幼年期の終わり』(アーサー・C・クラーク
・2月8日(土)20時~ 推し本紹介の回
・2月29日(土)20時~ 『読書会入門』(山本多津也)

 

▼1月11日と2月8日については、ご参加いただくみなさんに、それぞれの「推し本」=面白かったので、他の人にも読んでいただきたいと思った本をご紹介いただきたいと考えています。

▼冊数は総参加者の人数によっても前後しますが、おおよそ1~3冊程度ではないかと思います。紹介できる本がなくて、話しを聞くだけでもいいので参加してみたいとか、雰囲気を知りたいという方の参加も歓迎いたします。

▼1月25日(土)には、アーサー・C・クラークの古典的SFである幼年期の終わりを取り上げます。クラークは、映画『2001年宇宙の旅』の原作者ですね。SFを取り上げるのは今回が初めてです。

 

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

  • 作者:クラーク
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/11/08
  • メディア: 文庫
 

 

▼邦訳は数種類入手が可能なのですが、第一章が書き換えられたという新版がよかろうと思っています。これは、上掲の光文社古典新訳文庫に収められています。

▼そして、第50回となる2月29日(土)には、最近出版された『読書会入門』幻冬舎新書)を読もうと思っています。この著作の作者である山本多津也さんは、猫町倶楽部という日本最大の読書会コミュニティを主宰されている方として知られています。今回は、その猫町倶楽部の「秘密」に迫ろうと思っているところです。

 

読書会入門 人が本で交わる場所 (幻冬舎新書)

読書会入門 人が本で交わる場所 (幻冬舎新書)

 

 

▼この2冊は、いまちびちびと読んでいる最中です。なかなか面白いので、ぜひお手にとっていただいた上でご参加くださいね(読んでいなくても参加OKです。ご検討ください!!)。

▼読書会は、オンライン会議ツールである「Zoom」を使って、40分枠×2ないし3枠の開催を予定しています。参加用URLは、

TwitterのDMグループか、

②LINEのオープンチャット

で配信します。開催時刻が近づきましたら配信しますので、それをクリックして先にお進みください。

▼なお、それに先立って、

①Zoomアプリのインストールと、

②メールアドレス、パスワード設定、

③表示名の登録(Twitterやオープンチャットで利用しているものを流用してください)、

を行っておいてください。アイコン画像の用意や、通話中の顔出しは任意といたします。

▼その他、不明な点などについては、私のTwitterアカウントまで、リプライやDMでお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

▼今回のエントリーは、ここまでといたします。お読みいただき、ありがとうございました。

 

→ トップページへ戻る