【更新停止】読書会は、参加するより主催するのが楽しいですよ

読書全般と、自宅から参加できるオンライン読書会についてのブログです。

【スケジュール】2020年1月度~3月度の予定について(一部訂正あり)

f:id:stand00:20200113013513j:plain

 

 こんにちは。

 先般2020年の1月から2月度にかけてのスケジュールをご案内いたしました。早いかもしれませんが、3月度の予定を組み込んだスケジュールを決めました。重複を厭わずに、ご案内させていただきます。

 

 

2020年1月度

▼1月11日 「推し本」紹介の読書会 → 終了。

▼1月25日 クラーク『幼年期の終わり』(光文社古典新訳文庫版)→中止 

  

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

  • 作者:クラーク
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/11/08
  • メディア: 文庫
 

 

 邦訳が数種類刊行されていますが、光文社版は差し替えられている第一部を採用しているので、この版を推奨いたします。

 

2020年2月度

▼2月8日 「推し本」紹介の読書会

 参加人数によってお一人あたりでご紹介いただく冊数が変動します。お一人1冊から3冊程度を目安としてご用意いただけますと幸いです。ジャンルや形状は問いません。図鑑や絵本、写真集や参考書もOKです。

2月25日 山本多津也『読書会入門』(幻冬舎新書) ※2月22日(土)の誤りでした

 

読書会入門 人が本で交わる場所 (幻冬舎新書)

読書会入門 人が本で交わる場所 (幻冬舎新書)

 

  日本最大級の読書会コミュニティである「猫町倶楽部」さんのヒミツに迫りたいと思っています。

 

2020年3月度

▼3月14日 テーマ発言「見てから読むか、読んでから見るか」

 近年、ヒットした作品がしばしば映画化されて話題になることが増えているように思われます。それらを、見てから読むのか、読んでから見るのかについて、意見を交わし合うことができればいいなと考えています。作品は何であってもOKです。

 この日以降、「推し本」紹介の回と、テーマ発言の回とを適宜織り交ぜながら、会全体を回していこうと思っています。

▼3月28日 河合隼雄を読む

 ユング心理学の紹介者として、また、臨床家として多大な功績を遺した故・河合隼雄さんの著作を取り上げます。お一人お一人が読んだ河合隼雄さんの著作をご紹介いただき、河合さんの著作の魅力とは何かを語り合いたいと思っています。

 なお、このような「◯◯を読む」といったスタイルでのテーマ設定は、この後も続けてできるようでありたいと考えています。

           *     *     *

▼いずれの回も、土曜日20時からの開催を予定しています。オンライン会議システムのZoomの仕様が、無料会員の場合は一回の枠が40分ですので、都合2枠ないし3枠を予定しています。途中参加や途中退席もOKですので、どうぞご参加を検討くださいますようお願い申し上げます。

 なお、初回参加にあたっては、すたんどのTwitterアカウント(@stand_00)までその旨ご連絡ください。LINEのオープンチャットへの書き込みでもOKです。オープンチャットへのご参加は、以下のQRコードからしていただくことが可能です。

 

f:id:stand00:20200113020433j:plain

 

▼今回のご案内は以上とさせていただきます。お読みくださり、ありがとうございました。ではまた!

 

→ トップページへ戻る